トップページ > ご意見箱 > 2013年3月

ご意見箱

2013年3月

内容

 先日、午後に病棟へ伺った折、とても病気を治す環境ではないと不快な思いをしました。ピンクの服を着た人が二人大声で話す、水色の服の人が戦車のようにかたまってガタガタ、ドヤドヤと押しかけてくる。戦場のような風景に患者中心の医療の提供がなされていないところだと市民病院を知る者として、ずいぶん質がおちたなぁと悲しくなりました。あの状況下では患者さんの治る病気も治らず、治癒を遅らせ、きっと合併症も多いのだろうと推測できます。あの環境は、クリミア戦争時代と同じといっても過言ではないと。ひどい状況に嘆くばかりです。患者の立場に立った医療の提供ができる病院でありますこと、心よりお祈り申し上げます。
大変ご不快な思いをさせてしまいましたことを深くお詫びいたします。
また、当院のことをお考えいただいた中での率直なご意見ありがとうございました。
ご指摘いただいた件につきましては、早速担当者に伝え、改善するよう指導いたしました。
ご意見いただいた事を真摯に受け止め、患者様・ご家族様から選ばれる病院、入院して良かったと思っていただける病院を目指して職員一丸となって取り組んでいきます。
貴重なご意見有難うございました。

内容

 診療面において担当看護師の説明が足りなさすぎて不安になった。(患者満足度調査解答欄より)
 看護師の説明の分かりやすさ・・・1、不満
診療面におきまして、大変不安な思いをさせてしまいましたことをお詫びいたします。
処置等を行う場合は、患者様・ご家族様等に十分説明し納得していただいた上で、看護・ケアを実施させていただくよう努めてまいります。
貴重なご意見有難うございました。

内容

 入院しているほとんど寝たりきりの老人に対して、通じているのか良くわからないけど、看護師の方は一生懸命に話しかけながら看護をしている方がいました。身内の人は見たことがありません。他人の事ながらすごく感動しています。多分その方は、誰に対しても同じように接している事でしょう。他の看護師の方もみなさんやさしい方です。病んでいる人は「わがまま」な人も多いと思いますが、みなさん「はい、どうかされましたか?」の一言で、聞いている私の方が気持ちよくなりました。これからも続くといいですね。
お褒めの言葉有難うございました。
入院患者様の中には、意思疎通のできない患者様や、言語障害等で言葉を発することができない患者様等が多く入院されております。「心のかよう看護の実践」や「個別性のある看護の実践」を常に心がけ、患者中心の看護を実践していきたいと考えております。
貴重なご意見ありがとうございました。

内容

 先日、久しぶりにお友達のお見舞いに病院に来ました。いろいろ変っていたので大変驚いていましたところ、私の同級生の方がまだお勤めされていたのには一番驚いております。病院は、70歳位まで仕事が頂けるのでしょうか?
病院には、医師、看護師などの医療職や事務員、看護補助者、委託業者からの派遣など多職種の方々が働いています。同級生の方がどの職種か不明ですが、病院の規約に沿って雇用しております。
ご質問ありがとうございました。

内容

 (退院した今だから言える)
 入院中直して欲しかった事
1.シャワー室にゴミ箱もなく、毛がいつも洗面所やシャワー室にいっぱいで気持ち悪かったので、せめてゴミ箱、ほうきなどあると良い。
2.食事にヨーグルトやスープ(味噌汁ではない具のないスープ)等の時はスプーン等をつけて欲しかった。食べにくくて看護師さん達にも言ったが、最後までつかなかった。
3.入院の際、だいぶ前から入院手続き等わかっているのに、当日行くと部屋がなく高い部屋しかなく、手術の次の日には追いだされ、1日5,000円も払わされた事、そちらの手違いが日常あり、部屋が確保できなかった場合、他の病院や昔家族が入院した際は、料金はもともと頼んであった部屋の代金でいいので(看護師さんも)と言われてきたし、こちらのせいではなく病院側のせいでもあるので高い部屋代を払うのはおかしいと思います。
4.何人かで傷口を見て「これ先生の縫い方じゃないよね」と全員が言っているとか、いろいろ怖かった。少々裏切られた気がした。先生の手術には印を押したが、研修医がやることには印を押してなく、何もなければまだしも、いろいろあって信頼が薄れた。
入院中につきましては、大変ご不快な思いをさせてしまいましたことをお詫びいたします。
ご意見につきましては、それぞれ該当部門に情報提供し、改善策を検討させていただきます。
また、病院全体の課題として、接遇や患者さんの気持ちに寄り添い、患者様やご家族様の話を十分お聴きし、入院中に解決できるよう指導していきたいと考えております。
貴重なご意見ありがとうございました。

内容

 看護師の方が血圧や検査に使う台車の音をなんとかできないでしょうか。まだ昼間は我慢もできますが、夜中・朝5時前からうるさくて目が覚めてしまいます。
 看護師のほんの数人の方がまだ先生から退院の話も出てない状態の時に、少しでも元気になってくると急に早く退院してほしそうな態度及びそれらしい話をしだして、追い出しにかかっている気がして居づらい状態にさせられてとても嫌でした。
 上から目線でだいぶ年上の私どもに話す看護師もいてこわいです。(普通の時の感じでも)
 部屋に来て掃除をして下さるのはいいですが、あまりにも雑で、見舞客からも「この部屋、掃除にみえないのですか?」とさえ言われるほど掃除の後でもほこり・ゴミが落ちたままで、自分で後で掃くくらいです。
 男性医師、看護師は挨拶をしてくれない。こちらから言ってもです。
大変ご迷惑をお掛け致しましたことをお詫びいたします。
台車につきましては、院内の台車の点検を実施しております。
退院については、ご不快な思いをさせていしまい申し訳ありませんでした。退院に関しまして、入院時から患者様が退院される状況を見越して、退院後安心して地域や自宅で生活できるようケアしております。対応については、説明不足や患者様の状況等を踏まえて対応させていただきます。
環境整備につきましては、担当部署に報告するとともに、気を付けていきたいと思います。
貴重なご意見有難うございました。