トップページ > ご意見箱 > 2013年12月

ご意見箱

2013年12月

内容

 手術後に大部屋に移った時の事です。テレビやラジオをイヤホンなしで使用されている方が見えました。手術後に辛くテレビやラジオの音で、また頭が痛く寝てばかりの日が数日ありました。イヤホンの使用ができない患者・家族の方であれば、手術後の患者をそのような大部屋にしてほしくありません。私自身、お金がかかりますが、個室をお願いしておけば良かったと後悔しています。
 男性看護師さんにお願いです。車いすの患者さんをトイレに連れて行かれたら、トイレ使用後は必ずトイレの扉を閉めて下さい。男性看護師さんが連れて行かれた後はいつも開いています。
 手術後の辛い時期に大変ご不快な思いとご迷惑おかけいたしましたことをお詫びいたします。
 入院時にテレビやラジオ等を利用される患者様にはイヤホンの使用をお願いしております。また、看護師等が気づいた時は、イヤホンの使用をお願いしておりますが、患者様にご協力いただけるよう説明し、入院環境を整えるよう努力して参ります。
 トイレ使用後の扉の件につきましては、早速指導させていただきました。
 貴重なご意見有難うございました。

内容

 シーツ交換有難うございます。「午後からシーツを交換しますので、新しいシーツを置かせて頂きます。」と午前中に見えました。そのシーツは確かに洗濯された新しいシーツでした。しかし、一番上にあった枕カバーの内側には髪の毛が数本入っていました。「嫌だな」と思い交換をしていただいてと思いましたが、何も言えず、自分で枕カバーの内側にあった髪の毛を取り除き何もなかったかのように新しいシーツの上に置き、午後からシーツ交換をして頂きました。布団・シーツの取り扱いをしている業者と今後、どのように対応されるか、自分自身のものであれば良いのですが、他人の髪の毛となると困ります。また、シーツ交換をされる方にも注意・確認をお願いしていただきますようによろしくお願い致します。
 大変ご不快な思いをさせてしまいましたことをお詫びいたします。
 今後の対応につきましては、シーツ類を配布する時の注意点等を含め、早急に指導させていただきます。また、業者にも、貴重なご意見をいただいたことを報告し、髪の毛・汚れ等の確認を徹底するよう対策等を含め依頼いたします。
 今後も患者様が安心して入院生活を過ごすことができますよう職員一同努力して参ります。
 貴重なご意見有難うございました。

内容

 小児科医師より救急外来での点滴の指示がありました。子供の様子を口頭で聞くだけで、聴診器もあててもらえず、喉もみてもらえず、「じゃあ点滴をしていってください」はどうでしょうか。高熱が続いていたので、親としては心配です。「また、小児科の先生に診てもらってください」は、点滴指示があるからだけのようにみえました。
 ご不快な思いを抱かせてしまい大変申し訳ありませんでした。
 抗生物質などの治療薬は何度か投与しなければ十分な効果が得られない場合も多く見られます。お子様の様子から判断して症状が改善するにはもう少し治療が必要と考え、点滴治療とさせていただきました。お母様の心配されているお気持ちにその際気づくのが遅れまして大変申し訳ありませんでした。

内容

 器材とか看護師さんたちが運ぶ車ですが、音が大きくでるのがあります。そこで、潤滑油等でほどこしたら音が小さくならないかと思う。
 大変ご迷惑をおかけしましたことお詫びいたします。
 ワゴン車の騒音については、糸くず・埃等の除去、潤滑油の注入等実施しております。また、清音タイプのワゴンの購入を検討しております。今後、再度点検させていただきます。
 貴重なご意見有難うございました。