トップページ > ご意見箱 > 2014年11月

ご意見箱

2014年11月

内容

 検査入院という不安な気持ちでしたが、担当医、看護師さん達がとても安心できる優しい言葉で「大丈夫だよ」と何度も言って下さり、とても感謝しています。11月の手術も不安はありましたが、前向きに臨むことができます。みなさん、有難うございました。看護師さんの笑顔は、患者がどれだけ安心できるか実感しました。私も笑顔で人々と接したいと思いました。掃除の人達も有難う。先生、有難うございました。
 お褒めの言葉有難うございました。
 検査入院で、不安や恐怖などの中で、医師や看護師の言葉かけで、不安が少しでも軽減できたことは、私たち医療者にとって何よりも嬉しく、やる気につながります。次回、入院されます時にも、安心して手術を受けていただけますよう、チームで関わらせていただきます。今後も患者様に寄り添った医療・看護に努めて参ります。

内容

 私は、今回初めての入院・手術でした。不安と緊張でいっぱいの中、10/7に入院しました。そんな気持ちをほぐしてくれたのが看護師さん達でした。何をするにも優しく声をかけてくれて、不安な事は話を聞いてくれて、部屋に居る時に看護師さんが来てくれると、とても安心して、少しの時間がとても嬉しかったです。看護師さんからしたら当たり前の事が、患者の私にとっては、すごく嬉しいことでした。昔から病院は怖いイメージがあったけど、もう大丈夫です。病気になったら痛いし大変だろうけど、悪いことばかりじゃないなぁ・・・と思いました。もう手術は嫌だけど、看護師さん達に会えなくなるのは淋しく感じます。いつまでも、元気でイキイキとお仕事頑張って下さい。働く姿は、カッコ良くて、とても美人でした。短い間でしたが、ありがとうございました。皆さん、お世話になりました。
 お褒めの言葉、有難うございました。
 初めての入院で不安と緊張の中、手術が無事におわりよかったですね。慣れない環境の中、不安等が軽減できるような関わりができたことを嬉しく思います。これからも、安心して入院生活を送っていただけますよう努力して参ります。

内容

 香りの自粛の件が掲示板に貼ってあるが、職員に対しての事ではなく患者、見舞客、付添に対しての事でしょうか。職員でかなりにおいが強い香水をつけて病室へ来る人がいる。しばらくにおいが残り、とても不愉快な思いをしている。
 師長が時々回ってくるが、「大丈夫?」と聞いてすぐ出て行ってしまう。何が大丈夫なのかよくわからない。もう少し、看護師らしい聞き方をしてほしい。
 デイルームのテレビの音量が非常に大きい。誰もいないのについている時が多い。
 ワゴンのキャスターの音が大きく、早朝、深夜は音が響き、うるさくて熟睡できない。2か月前にも書きました。全く改善されていない。(早々に直すと書いてあったのに)
 大変ご不快な思いをさせてしまいましたことをお詫びいたします。
 ご指摘の件につきましては、項目別に現状を把握し、改善に向け早急に対応させていただいております。
 貴重なご意見を有難うございました。