トップページ > ご意見箱 > 2015年11月

ご意見箱

2015年11月

内容

 家族のお見舞いに来ました。入院中の家族に不利益が生じるかもしれないため無記名で記入いたします。
 Nsが多忙なのは分かりますが、まず、あいさつがない。目を合わせない。足が不自由なのにトイレは見守り。NSコールで呼ぶと迷惑そうに対応されました。(9/2の日勤)。トイレもすぐ片付けてほしいです。そして環境整備について、病室、床が非常に汚いです。車イスもふいてみたらまっくろでおどろきました。私は医療従事者ですが、その質におどろきました。患者とNsの立場に上下関係があってはなりません。Nsがこわくて言いたいことも言えないのは改善すべきです。マスクもなぜ風邪でもないのに1日中しているのか?よくない習慣です。また、食事どきにシーツ交換を行うのもどうかとおもいます。大切な家族ですので、自分の家族が入院していたらどう思うのか。認知症患者への言葉づかいも気になります。改善されることを願っています。

 

 大変貴重なご意見を頂き有難うございました。
 患者様が安全・安楽に入院生活を送っていただけるよう環境を整えることは、最低限必要なことだと考えております。ご指摘いただきました項目以外についても、再点検させていただき、環境を整えていきたいと思います。接遇面につきましても、病院全体の事と捉え、指導していきます。
 患者様・ご家族様から信頼される病院を目指して努力してまいります。

内容

 小児科入院の母親よりお湯が欲しいと訴えがありました。
 2009年に入院していた時はお湯があったのでお湯があると思いカップラーメンを持参した。現在はティーサーバが感染理由で撤去されていることを説明し、本日のみの対応としてお湯を病棟で用意しました。「小児科があるし、付きそう親が多いから食事や飲み物用にあるといいねぇ」と言ってみえました。現在14人、小児科入院中、付添者13名。3食病棟で食べることを考えるとお湯の配慮は必要と思われるが、病院での対応、検討をお願いします。

 

 貴重なご意見ありがとうございました。
 当院では、感染上の問題からティサーバーの設置をなくしました。ご不便をおかけいたしますが、必要時は、個人でご準備いただきますようご協力をお願いいたします。急に必要な場合は、ナースステーションにお声をかけていただければ対応させていただきます。
 現在、売店にポットを置いていただけるよう検討させていただいております。

内容

 採血のとき、針が刺さった状態で人が背後を通るのがいつも怖いです。お年寄りが多いので、よろけてぶつかってこられたらどうしようといつも不安になります。きっとそういう事故は今までなかったんだと思いますが恐怖心が消えません。また、机がつながっているので隣の人が立ち上がる時に手をついたりして、その振動が伝わってくるのも怖いです。机を長机ではなく1人1台ずつに分けるか、絶対揺れないように床と固定してほしいです。
 毎月1回採血があり、いつも思っています。
 なんとか改善してもらえたらなと思います。

 

 貴重なご意見有難うございました。
 中央採血室の配置・採血台等につきましては、該当部署と検討し、患者様が安心して処置等ができますよう取り組んで参ります。

内容

 ご意見内容を拝見しますと①術前の予想通り術後患者さんに譫妄症状が出現したが、譫妄症状のある患者に対するケアについて家族への説明が十分ではない②退院の話をする場合は家族にも詳細がわかるような工夫をしてほしい・・以上の2点に要約できるかと思います。

 

 われわれ医療者でも譫妄症状を呈する患者さんへの対応は苦慮することが多いので、ご家族にとって日々の付添いは大変なご苦労であったと思います。
 今後安心して患者さんを任せられるように上記内容について主治医、担当看護師、病棟看護責任者と話し合いを持たれてはいかがでしょうか?きっと善処してくれるものと思います。