トップページ > ご意見箱 > 2015年3月

ご意見箱

2015年3月

内容

 2病棟4階の看護師さんたちは、入院した6才の息子に対して、とても優しく対応していただけました。特に何度も何度も夜中にナースコール(点滴がつまってしまって?)で呼んでも一度もイヤな顔されず対応して下さった事は心より感謝しております。ありがとうございました。
 ただ、12日体を拭きに来てくださった看護助手さん?に対しては、拭き方がとてもいいかげんで、とても不快になりました。
 ご不快な思いをさせてしまいましたことをお詫び申し上げます。
 お母さん、6歳の息子さんは、慣れない環境や手術後で不安な気持ちでいっぱいだったとお察しいたします。頂いたご意見につきましては、真摯に受け止め、安心して入院生活を送ることができるよう、改善につとめさせていただきます。
 貴重なご意見有難うございました。

内容

 良い看護師が多かったですが、ごく一部の看護師が、ノックはしない、開けたカーテンも開けっ放し・・・でした。2病棟4階の看護師はプライバシーのない人で、とてもがっかりでした。(一部の看護師)
 それから、6才の息子が扁桃腺の手術で1日ご飯を食べれないことを息子に話していると、耳鼻いんこう科の看護師が、「どうせ痛くて、食べれないわ」と言われ、とても不愉快な思いをしたし、息子は恐怖になりました。以上の点から、看護師の教育をしなおして下さい。
 また、付き添い食をなぜなくしたのでしょうか?売店のお弁当は数が少ないので、困りました。
 ご不快な思いをさせてしまいましたことをお詫び申し上げます。
 プライバシーの配慮不足や一人ひとりの個別性を考慮した対応が不足したことに対して、大変申し訳ありませんでした。接遇等に対して、各自が振り返るよう注意喚起を促します。
 付き添い食につきましては、実施しておりますが、案内や説明不足だったと考えます。各病棟に実施していることを周知し、情報共有いたします。
 大変貴重なご意見を頂き有難うございました。