トップページ > ご意見箱 > 2016年10月

ご意見箱

2016年10月

内容

 今回、手術を受けるため、羽島市民病院に入院致しました。本当に、こちらで手術をさせて頂き良かったと思っております。
 主治医の先生は、患者の私、そして家族へも、術前、術後、本当に丁寧にご説明頂き、常に心配や不安のない状況にして下さりました。お忙しいにもかかわらず、毎日2回病室にて経過や不安がないかのチェックに、いらして下さいました。先生に手術して頂きたく、羽島市民病院を選びましたが、素晴らしい先生にどう感謝申し上げたら良いかの言葉が見つかりません。お人柄と技術を両方そなえてみえ、羽島市民病院の宝ですね。
 加えて、担当の看護師さんも、患者である私に寄りそった声かけをして下さり、又、心から笑顔に術前術後、支えて下さいました。質の良い、質の高い処置で心より感謝しております。
 病院に集う、全ての方々が上記のお2人の様でありますように願います。
 素晴らしい先生と看護師に巡り会えて良かったですね。婦人科だけでなく全診療科で患者さんから賞賛していただけるような病院になれるよう日々研鑚したいものです。

 この度は、看護師に対し格別なお礼の言葉をいただき、ありがとうございました。
 担当の看護師は今年度の新人看護師であり、本人にとって大変励みになりました。
 今後も患者様、ご家族様に安心していただけるよう看護師一同努めて参りたいと思います。

内容

 ホームページのご意見箱を見ました。いろいろな要望や苦情に対して真摯に受け止め・・・、改善・・・、努めます・・・、とか、ありますが、本当ですか?
 家族が入院しました。看護師さんは指示されてる事は、優しい口調でていねいにやってくださるように思いますが、それ以外の事は、看護師さんによっては、もう少し患者に目を向け、寄りそってもらいたいと思う事がたびたびありました。たとえば、身体が思うように動きにくい患者のまくらがずれていてもそのままとか、入れ歯の管理が、ずさんで不衛生とか、患者から頼み事をした時の言葉・態度・患者さんが不快、不安になるとか・・・。もちろんすべての看護師さんではありません。
 看護部長さん、看護師長さん、どうかよろしくお願いします。病気で弱った家族ががまんしているのはかわいそうです。
 ご不快な思いをさせてしまい、申し訳ありません。看護部全体に問われている事であり、看護師長会で情報を共有し、対応の改善を話し合いました。要望などありましたら、遠慮なく看護師にお声をかけてください。ご意見有難うございました。

内容

 私は月に1回受診しています。毎回採血があるのですが、必ずといっていいほど失敗をされます。
 同じ看護師さんではないので「私は血管が細いので・・・」と毎回申し出てはいますが、2度、3度と刺し直しをされます。「あ、ごめんなさい」「あ、ごめんなさい」と言われ、ブスブス刺されます。4度目、5度目はさすがに苦痛ですし、右手がだめなら左手へと変更されるときもあります。
 採血室専門の看護師さんだと聞きましたが、採血の苦手な看護師さんが配置されているのでしょうか?
 私の腕は練習台ではありませんので、自信がないのなら他の看護師さんに速やかにバトンタッチして頂きたいです。
 毎月、採血室へ行くのが憂鬱です。改善よろしくお願いいたします。
 看護師の対応でご不快な思いをさせて申し訳ありませんでした。
 ご指摘の内容について、個人はじめ中央採血室の看護の質を改善するよう話し合いました。ご意見有難うございました。