トップページ > ご意見箱 > 2016年4月

ご意見箱

2016年4月

内容

 1病棟1階ラウンジ室内に手洗いを設置してください。
 貴重なご意見ありがとうございます。1病棟ラウンジ付近に給水配管及び排水管がないため、手洗いが設置できませんのでご理解をお願いします。

内容

 1病棟個室の暖房が夜間停止している。個室は有料なのに日中は寒くないので不要だが、夜間はどうして動かないのか。
 貴重なご意見ありがとうございます。病棟暖房は7時15分~21時まで運転させていただいております。夜間につきましては睡眠時間であることから暖房を停止させていただいております。

内容

 看護師の時間を守らないのがヒドイ。アイサツをしても無視。
 自分の意見を押しつける。ドアの開閉時の音が大きい。
 入院時、少し待って下さいと言ったきり30分以上来なかった。来れないならそれなりの事情を説明してほしい。
 大変ご不快な思いをさせてしまいましたことをお詫び申し上げます。
 患者様・ご家族様からの意見を真摯に受け止め、改善してまいります。
 貴重なご意見をいただき感謝申し上げます。

内容

 家族が入院してお世話になりました。
 看護師さんにお願い事、相談事をしようとすると、クレームをつけているように受けとられるのか、こちらの思いが伝わらず、はがゆい思いを何度かしました。
 穏便にすませようと、妙ににこやかだったり、誠意を感じられない「申し訳ございません」で頭をさげられたり。患者やその家族の気持ちにもう少しよりそって話をきいてもらえませんか。信頼できる看護師さん、スタッフの方ももちろんいらしゃいましたが・・・。
 忙しいのもわかります。どうしようもできない事があるのもわかります。
 できない事はできないでいいので、誠実に、説明、対応してくだされば安心、納得できます。
 必用な治療や身のまわりの事をただたんたんとこなしていいくだけで看護、医療といえますか。
 大変ご不快な思い、ご迷惑をおかけしましたことを心からお詫び申し上げます。
 投書していただきました内容について真摯に受け止め、各部署において接遇の見直しを徹底していきます。また、私たち看護師が一番大事にしています「患者様・ご家族様に寄り添った看護を実践する」ことについて、看護の原点にたちもどり、「心の通った看護」を提供させていただきます。
 貴重なご意見をいただき感謝申し上げます。

内容

 先日羽島市民病院を受診しました。(泌尿器)
 杖を使用した身体マヒがあると思われる患者さんが、尿検査のためにコップを持っていたのですが、途中コップを落とされ、拾うこともできずに困っていました。紙コップをお渡しすると、胸ポケットの中の手帳等をバッグに入れなおし、紙コップを胸ポケットに入れていました。
 泌尿器科から尿をとるトイレが遠いので、このような患者さんのときには、近くのトイレを説明し、病院職員が尿を運ぶなどの親切さがあっても良いのではないかと思いました。
 当日アンケート調査を行っていましたが、声なき声にも気付いて頂きたく投書しました。
 貴重なご意見をいただきありがとうございました。
 泌尿器科においては、検尿などの検査が多くあります。患者様の身体状況等、把握し看護補助者や看護師等が介助できるよう配慮いたしました。
 このご意見を真摯に受け止め、「心のかよう医療・看護」を目指して取り組んで参ります。

内容

利用者様からのご意見が入ります。
病院からのコメントが入ります。

内容

利用者様からのご意見が入ります。
病院からのコメントが入ります。

内容

利用者様からのご意見が入ります。
病院からのコメントが入ります。

内容

利用者様からのご意見が入ります。
病院からのコメントが入ります。

内容

利用者様からのご意見が入ります。
病院からのコメントが入ります。