トップページ > ご意見箱 > 2018年6月

ご意見箱

2018年6月

内容

 検査で、不安な思い、緊張した思いで患者は来ています。他の看護婦さんは、笑顔で対応して下さり、リラックスできましたが、ひとりの方は上から目線で対応されると、こちらが看護婦さんに気を使い、緊張して検査の疲れではなく、別の疲れが出てしんどくなりました。人によって対応を変えてほしくないです。事前の説明でも教えて下さらなかったので、他の看護婦さんがこうすると楽だよと教えてくださり楽になりました。初めに説明して頂きたいです。
 バックヤードでの話の内容なども聞こえ、嫌な気持ちになるのでできるだけ、聞こえて嫌な内容の話は、小さな声でして頂けないでしょうか。
 検査の説明は、看護師の仕事として単に説明するだけの業務ではなく患者さまの精神的なサポートとしても重要なものであると考えています。そのところを提供できず、不安、不愉快な思いをさせてしまい、誠に申し訳ありませんでした。現場に対しては看護師の仕事として徹底するよう指導いたしました。また、看護師長会にて情報を共有し引き続き指導してまいります。
 貴重なご意見ありがとうございました。

内容

 診療棟トイレが狭く困っています。思うように動けない、何とかなりませんか。扉を開けてすぐはいれません狭くて。服が便器に仕え困ります。
 ご不便をおかけして申し訳ありません。診療棟トイレは一般的なスペースにてブース数を確保しているところでございます。ご不便をおかけしますが、同じフロアにスペースが確保された広い多目的トイレが設置されておりますので、そちらをご利用いただきますようお願いします。