トップページ > 募集要項 > 臨床研修プログラム

募集要項

臨床研修プログラム

研修プログラムの特色

  1. 病床数281余りのコンパクトな地域密着型の病院として地域全体から信頼を得ているため平成9年に全国でも有数な優良病院として表彰された。現在も羽島地区で唯一の公的病院として豊富な臨床症例を初期段階から経験でき,これを活用する研修プログラムとなっている。
  2. 1、2次救急を10年以上前から昼夜を問わず対応する方針のため、救急に関する研修目標を早期にかつ充実した内容で修得可能。
  3. 高度に修練した指導医のもと、熟練した中堅医師から直接指導を受けられる体制を基本軸に、基礎的な研修項目を臨床経験豊富な診療スタッフとの診療連携を通して修得できる。
  4. 当施設で定例開催される、教育研修講演、セミナー、CPC、種々説明会などに参加受講できるばかりか、基礎的な研究発表を通して手技修得に偏らない研修に配慮。
  5. 2年目には厚生労働省奨励の基本研修コースに加えて、可能な限り研修者の希望に応じられるよう診療科を選択できる弾力的な研修期間。

C)コース:1年目 内科6ヵ月、救急部門3ヵ月、選択必修科3ヵ月
2年目 地域医療1ヵ月、選択必修科・選択科11ヶ月

必修科  ~ 救急医療、地域医療
内科ブロック(総合内科、内分泌・糖尿病内科、リウマチ科、腎臓内科、循環器内科、呼吸器内科、消化器内科、神経内科)
選択必修科~外科・消化器外科、麻酔科、小児科、精神科(岐阜大学)、産科(岐阜大学附属病院・長良医療センター)・婦人科
選択科  ~ 脳神経外科、整形外科、眼科、泌尿器科、耳鼻いんこう科
地域医療(高山赤十字病院、美濃病院、地域開業医等で実施)、放射線科 皮膚科(岐阜大学)

※選択必修科・選択科は上記より選択

臨床研修の目標の概要

  1. 日常的な疾患、外傷に対応できる基本的な診療能力を習得する。
  2. 適正な診断を行うために日常的な各疾患の重用性と特殊性について理解、修得する。
  3. 基礎的な疾患の正確な診断と安全な治療を行うための基本手技を取得する。
  4. 基礎的な疾患に対して理解を深め、必要事項を医療記録に正確に記載できる能力を習得する。

臨床研修医 募集案内

平成29年度 臨床研修医の皆様へ
羽島市民病院 院長 大角 幸男

羽島市民病院では、平成29年度に3名の新規研修医を募集致します。
当院の特徴や、施設・運営・研修受け入れ態勢等の概要を述べます。

  • 当院は新幹線・岐阜羽島駅、名神高速道路・岐阜羽島インターに近く交通が極めて便利です。
  • 急性期医療を担当する公立(市立)の地域中核病院(281床)であり平成26年7月より地域包括ケア病棟を開設しました。
  • 病棟・手術センターは新築・改築されて、免震・耐震構造です。
  • DPC、電子カルテ・フィルムレス運用を行っています。
  • CT(64列128スライス)、IVR-CT他多くの高度医療機器を導入しています。
  • 採用研修医数は、研修成果をあげるため3名と少数です。
  • 研修医の身分は市の正規職員(公務員)です。
  • 初期研修終了後には、後期研修プログラム(3年)があります。その後も市の職員として勤務することも可能です。
  • これまで、複数の大学の出身者が研修しています。
  • 研修は、研修医の自主性を尊重します。
  • 学会・研修会への参加を積極的に行っています(公費にて)。
  • 研修医独自の研修室、仮眠室を設置しています。
  • 救急医療センターでは、年間約2,000台の救急車を受け入れています。
  • 岐阜大学の救急救命センターより医師を派遣して頂いており、救急患者への対応の研修が受けられます。
  • 岐阜大学医学部、岐阜県立看護大学他多くの学校の実習施設となっています。
  • 民間アパートを借り上げており、入居可能です。
  • 各種学会の専門医制度の研修施設に認定されています。
是非とも、一度病院を訪問して雰囲気を確認して下さい。

 

初期研修は当院で先輩たちと共に研修を
羽島市民病院 プログラム責任者 大宮 史朗

羽島市は岐阜県南部に位置しますが、東海道新幹線の岐阜羽島駅や名神高速道路の岐阜羽島インターを擁し、岐阜県の交通の要となっている地域です。当院は、その羽島市(人口約7万人)およびその周辺地域の拠点病院となっており、研修中に経験できる症例は、他の大規模病院と比べ決して引けをとらないものと考えております。また、常勤医師の半数以上が指導者講習を受けており、病院全体で研修医を育てようという気運に満ち溢れています。生活環境、研修環境の整った当院での研修をお考えの方、是非ご連絡ください。

羽島市民病院基幹型臨床研修プログラム

研修.JPG
 

先輩研修医の声

私達と一緒に研修し、心の通う医療をしませんか?

hp.jpg

2年目研修医 栁瀬 隆文

 私が羽島市民病院を研修先に選んだ理由の一つは病院の規模が大きすぎず研修医の数が多すぎないというのがあります。羽島市民病院は中規模病院の総合病院として診療科も多いですが、研修医の数は定員4名と少なく少数で研修が行える病院です。
 中規模の病院ですので、煩雑な事務処理や雑用に追われることもなく、他職種の医療スタッフの方々とも距離が近く困ったときに相談しやすいので楽しい研修生活を過ごせます。また、中規模病院ですので各科の垣根が低く、時間があるときに救急外来に自由に行きやすくより多くの症例を学ぶことができます。
 ぜひ一度見学に来て雰囲気や研修環境のよさを感じていただけたらと思います。



2年目研修医 後藤 祐介
 私が一年間研修して感じた「羽島市民病院で研修するメリット」を、皆さんにご紹介したいと思います。
 まずは、研修医一人あたりの症例数が多いという点です。確かに当院は病床数自体は多くなく、症例の数も少ないのではないかと心配される方もみえるかもしれませんが。しかし研修医の数が少ない分、一人あたりの症例数はほかの病院にも引けを取りません。
つぎに、周囲の皆さんが研修医に理解を示してくれる方が多い点です。上級医の先生方は気さくに質問に答えていただけますし、コメディカルスタッフの方からも色々と指導していただけます。
 是非一度見学に来て、羽島市民病院の雰囲気を体験してください。


1年目研修医 村橋 賢祐
  羽島市民病院は、研修医の人数が少人数のため、オリエンテーションの時からほぼマンツーマンの指導を受けることができます。診療についてはもちろんこと、保険診療DPCについてまで医師として知らなければならないことを各職種のプロに気軽に質問することができます。学習する時間も充分にとれるため、職務に追われただ時間が過ぎていくようなこともありません。自分はまだ研修が始まってわずかですが、羽島市民病院で研修医をされた先生方は「ストレスなく研修ができた」「他院に負けない研修ができた」「自分に自信がもてる研修ができた」と振り返っていらっしゃいました。是非一度、羽島市民病院へ見学にいらしてください。


1年目研修医 高橋 良典
 四月から研修が始まったばかりで医療行為は未だ何らしておりませんが、充実した日々を過ごさせて頂いております。というのも、当院は研修医の初めの研修が充実しており、様々なコメディカルの方々から大学では学ばなかった医療の実際について、優しく教えて頂けているからです。チーム医療の大切さを身に染みて実感しております。
 当院の研修のメリットといたしましては、ローテーションの融通がかなり効くということ、救急の症例、手技などが豊富であることなどが挙げられます。そして何より上にも書いてあるようにコメディカルの皆様が優しく相談や連携がとりやすい所にあると思います。
 文面では伝わりにくい所もあると思うので、是非当院に足を運んで頂いて、雰囲気の良さを実感してください。見学・実習お待ちしております。