トップページ > 募集要項 > 臨床研修プログラム

募集要項

臨床研修プログラム

研修プログラムの特色

  1. 病床数281余りのコンパクトな地域密着型の病院として地域全体から信頼を得ているため平成9年に全国でも有数な優良病院として表彰された。現在も羽島地区で唯一の公的病院として豊富な臨床症例を初期段階から経験でき,これを活用する研修プログラムとなっている。
  2. 1、2次救急を10年以上前から昼夜を問わず対応する方針のため、救急に関する研修目標を早期にかつ充実した内容で修得可能。
  3. 高度に修練した指導医のもと、熟練した中堅医師から直接指導を受けられる体制を基本軸に、基礎的な研修項目を臨床経験豊富な診療スタッフとの診療連携を通して修得できる。
  4. 当施設で定例開催される、教育研修講演、セミナー、CPC、種々説明会などに参加受講できるばかりか、基礎的な研究発表を通して手技修得に偏らない研修に配慮。
  5. 2年目には厚生労働省奨励の基本研修コースに加えて、可能な限り研修者の希望に応じられるよう診療科を選択できる弾力的な研修期間。

C)コース:1年目 内科6ヵ月、救急部門3ヵ月、選択必修科3ヵ月
2年目 地域医療1ヵ月、選択必修科・選択科11ヶ月

必修科  ~ 救急医療、地域医療
内科ブロック(総合内科、内分泌・糖尿病内科、リウマチ科、腎臓内科、循環器内科、呼吸器内科、消化器内科、神経内科)
選択必修科~外科・消化器外科、麻酔科、小児科、精神科(岐阜大学)、産科(岐阜大学附属病院・長良医療センター)・婦人科
選択科  ~ 脳神経外科、整形外科、眼科、泌尿器科、耳鼻いんこう科
地域医療(高山赤十字病院、美濃病院、地域開業医等で実施)、放射線科 皮膚科(岐阜大学)

※選択必修科・選択科は上記より選択

臨床研修の目標の概要

  1. 日常的な疾患、外傷に対応できる基本的な診療能力を習得する。
  2. 適正な診断を行うために日常的な各疾患の重用性と特殊性について理解、修得する。
  3. 基礎的な疾患の正確な診断と安全な治療を行うための基本手技を取得する。
  4. 基礎的な疾患に対して理解を深め、必要事項を医療記録に正確に記載できる能力を習得する。

臨床研修医 募集案内

平成31年度 臨床研修医の皆様へ
羽島市民病院 院長 大角 幸男

羽島市民病院では、平成31年度に3名の新規研修医を募集致します。
当院の特徴や、施設・運営・研修受け入れ態勢等の概要を述べます。

  • 当院は新幹線・岐阜羽島駅、名神高速道路・岐阜羽島インターに近く交通が極めて便利です。
  • 急性期医療を担当する公立(市立)の地域中核病院(281床)であり平成26年7月より地域包括ケア病棟を開設しました。
  • 病棟・手術センターは新築・改築されて、免震・耐震構造です。
  • DPC、電子カルテ・フィルムレス運用を行っています。
  • CT(64列128スライス)、循環器血管撮影装置他多くの高度医療機器を導入しています。
  • 採用研修医数は、研修成果をあげるため3名と少数です。
  • 研修医の身分は市の正規職員(公務員)です。
  • 初期研修終了後には、後期研修プログラム(3年)があります。その後も市の職員として勤務することも可能です。
  • これまで、複数の大学の出身者が研修しています。
  • 研修は、研修医の自主性を尊重します。
  • 学会・研修会への参加を積極的に行っています(公費にて)。
  • 研修医独自の研修室、仮眠室を設置しています。
  • 救急医療センターでは、年間約2,000台の救急車を受け入れています。
  • 岐阜大学の救急救命センターより医師を派遣して頂いており、救急患者への対応の研修が受けられます。
  • 岐阜大学医学部、岐阜県立看護大学他多くの学校の実習施設となっています。
  • 民間アパートを借り上げており、入居可能です。
  • 各種学会の専門医制度の研修施設に認定されています。
是非とも、一度病院を訪問して雰囲気を確認して下さい。

 

初期研修は当院で先輩たちと共に研修を
羽島市民病院 プログラム責任者 大西 隆哉

 当院は、羽島市(人口約7万人)及び周辺地域の中核病院であり、二次救急を担っています。年間2000台を超える救急車を受け入れており、救急の現場を十二分に経験することができます。
 一方、超高齢社会の今、急性期医療だけでなく、慢性期の医療や在宅・施設入所への橋渡しも重要な仕事です。当院では地域包括ケア病棟もあり、こうした医療も学ぶことができます。
 当院では現在1・2年次計7名が研修生活を送っておりますが、地元岐阜大学だけでなく、様々な大学の出身者で構成されています。少人数の利点を生かし、研修プログラムは柔軟に対応可能です。中規模病院である当院では各診療科の垣根は低く、またメディカルスタッフの協力も厚く、研修医一人一人に寄り添った研修を病院全体で心がけています。ある程度の時間的な余裕もあるため、疑問点を一つずつ解決しながら、忙しすぎる日々に流されることのない充実した研修生活を過ごせることと思います。
 名神高速道路羽島インターチェンジや新幹線岐阜羽島駅からも至近です。急性期から高齢者医療まで幅広い研修をお考えの方は、ぜひ一度見学にいらして下さい。ご連絡をお待ちしております。

羽島市民病院基幹型臨床研修プログラム

研修.JPG
 

先輩研修医の声

私達と一緒に研修し、心の通う医療をしませんか?

hp.jpg

2年目研修医 桑山 信希
 羽島市民病院で研修を始めて1年が経ちました。スーパーローテと並行して1年を通して救急対応をするのが当院の研修の特徴ですが、年間1000例を超える症例にファーストタッチしてきた中で、決して忘れることのできない経験をたくさんしました。机上の勉学も大切ですが、臨床は実に多くの事を教えてくれます。当院は同期や上級医はもちろんのこと、看護師や技師さんも研修医一人一人に親身になって指導してくださいます。大病院にはない良さがあります。自由度の高い研修ができます。自分次第でたくさんの手技を経験できます。興味を持った方は気軽に病院見学にいらしてください。研修医一同お待ちしております。

2年目研修医 清水 祐輔
 羽島市民病院での研修はとても充実しております。優しく丁寧に指導して下さる先生方、看護師さん、コメディカルの方々のおかげで楽しく、ストレスなく研修することができます。多くの症例を経験できるのはもちろん、様々な手技を経験することができます。職務、用務だけに追われることなく上級医の先生からの振り返りの時間、自己学習の時間も十分にとることができ非常に充実した研修生活を送ることができます。規模としては大きくありませんが幅広い医療を経験することができ医師としての大きな第一歩を踏み出せる研修ができます。ぜひ一度羽島市民病院へ来ていただき、雰囲気を味わっていただくことで自分が研修医になった時どのような研修生活を送ることができるか想像していただきたいと思います。


2年目研修医 渡辺 空
 私が羽島市民病院で研修を始めて1年が経ちました。昨年度研修を通して実感したことは、ストレスが少なく自分に合った研修が送れるということです。日々の業務に追われ自分の時間が確保できないということもありませんし、研修医の人数も多くはないので上級医の先生方や他のメディカルスタッフの方々にもすぐに顔を覚えてもらえます。また、研修のローテーションを組む際に融通が効くことも魅力的ですし、一人あたりの症例数も多く充実した研修が送れます。私は出身地も出身大学も岐阜は縁もゆかりもありませんが、一度見学に行き、研修医や上級医の先生・病院の雰囲気で研修しようと決めました。文面では伝わりにくいと思いますので是非一度見学に来ていただければと思います。


1年目研修医 榎本 虎偉
 岐阜大学附属病院とのたすき掛けで、一年間だけ羽島市民病院で研修しています。私がたすき掛け先として、羽島市民病院を選んだ理由の一つに、やる気があれば、一年目からどんどんやらせてもらえる環境だということがあります。研修が始まり、まだ一か月も経っておらず、分からないことだらけですが、先生、看護師の方々をはじめ、すべての病院関係者の方が、みなさん丁寧に指導してくださり、とても勉強になっています。また、仕事量も、ちゃんとこなせる程の量なので、ちょうど良いと感じています。二年間の研修を考えている方はもちろん、大学病院とのたすき掛け先を探している方も、是非一度、実習・見学にいらしてください。


1年目研修医 近藤 大恵
 私は小さい頃から羽島市民病院で患者としてお世話になっており、医師を志した時からこの病院で働きたいと思っていました。4月から研修が始まりましたが、2週間に渡るオリエンテーションによりほかの職種の方との交流や、なかなか学生時代には教えてもらえない保険診療のことなど事細かに教えていただき、不安なく働くことができています。研修医の数も3、4人と少数で手技や救急症例を数多くこなすことができますので、当直が始まる前に多くのことが学べます。上級医の先生も優しく指導してくれる方ばかりで、とても研修しやすいです。
 是非一度羽島市民病院に見学に来ていただいて、実際の雰囲気や研修内容などを見に来てください。

1年目研修医 中村 織衣
 羽島市民病院では研修医の数が少なく、まだ4月ですがすでにたくさんのスタッフの方から顔を覚えていただけていると感じます。先生方はもちろん看護師さんとの雰囲気もいいです。また、人数が少ないため研修ローテーションを組む時に比較的自由に決められます。また、自分の回っている科でなくても、学びたい手技があったら呼んでいただけると聞きました。小さい病院ですので当院にない科は大学や他院とも連携して専門的に研修できるところも魅力だと感じています。4月のオリエンテーションでは病院の仕組みから感染対策、DPCの仕組み、オーダーの仕方までしっかりと基礎から教えていただけました。まだ4月ですが救急外来でどんどん救急車の対応や手技も教えていただけます。是非一緒に働きましょう。


1年目研修医 古川 祐嗣
 私は愛知県生まれ、出身大学も滋賀医科大学で岐阜県とは縁もゆかりもありません。そんな私が見学に訪れたとき、先輩研修医はじめたくさんの方々があたたかく対応してくれました。その良い雰囲気に惹かれた事が羽島市民病院での研修を決めた理由の一つです。また救急科を専属でローテーションする機会がないため、他の科を回っているときでも救急患者の対応をさせてもらえるという独自のシステムが存在します。結果として研修中ずっと救急を経験させてもらえる事になるため、経験がかなり増えるという事が決定打でした。
 最初の2週間はオリエンテーション期間としてじっくり教育してもらえるので、その後のローテーションにスムーズに移行することが出来ます。また、人数が少なく原則一人でローテーションすることが出来るので、先生方にも丁寧に指導していただくことができ、質問し放題、経験も積み放題という素晴らしい環境が整っていると思います。
 羽島市民病院で一緒に研修できる日を楽しみにしています。