トップページ > 診療科・専門外来 > 看護部「羽島市民病院における現任教育」

看護部

看護部「羽島市民病院における現任教育」

1.教育の基本方針

  1. 病院及び看護部の理念、活動方針を具現化するために必要な能力を育成する
  2. 経年別・職位別の能力開発を行い、自己の課題に取り組む姿勢を養う
  3. 期待されている役割を遂行するために、また専門職業人として自己成長するために必要な学習を行う
  4. 看護実践能力を高め、看護における発見・創造の喜びを体験する

2.目的

学びを実践に活かし、課題に積極的に取り組む姿勢を養うとともに、看護師として必要な能力の開発を目指す

3.特徴

  1. それぞれのキャリアに合わせたキャリアラダーを習得しキャリア開発を目指す
  2. 倫理を基盤とした看護を実践する
  3. 看護研究に取り組んだり、研修を受講することにより自己成長を目指し、リソースナースとしての資質を養う

4.現任教育体系図

生涯にわたって求められる能力 看護サービス実践能力・人間関係形成能力
マネジメント能力・指導・研究能力

現任教育体系図

必要な能力

「看護サービス実践能力」「人間関係形成能力」「マネジメント能力」「指導、研究能力」

用語の定義
看護サービス実践能力 個々の患者の目標を達成するためのケア活動に必要な能力
(情報収集、問題の明確化、計画立案、実践、評価、報告、記録)
人間関係形成能力 目標達成のために、患者、家族、医療従事者間の良好な関係を築いていくための能力
マネジメント能力 目標達成のために、人、物、時間、カネ、情報を調整し、統制していく能力
教育、研究能力 後輩育成のための指導
疑問や関心に対して追究して明らかにする能力(業務改善、研究)
各ラダーに求める能力
ラダーⅠ 社会人・専門職としての知識・態度を身につけ、看護実践が1人で行え、自分の看護について考えることができる能力を有する者
※ 当院で最低限身につける能力
ラダーⅡ 看護過程に基づいたケアが実践でき、自己の役割(プライマリー、プリセプター、チームメンバー)としての責任を果たし、業務改善・研究的に取り組む姿勢を有する者(リーダーシップ研修修了者)
ラダーⅢ 専門性を深め他部門との連携を図り、指導的立場でリーダーシップが発揮できる能力を有する者
ラダーⅣ 教育的役割を担い、チームまたは看護単位の責任者としてマネジメント能力を発揮し、変革の推進者となる者

*各ラダーの認定は、ラダー認定委員会で行う
*認定委員会の構成は、看護部長および看護部長が任命した者