トップページ > 診療科・専門外来 > 臨床検査科

診療科・専門外来のご案内

臨床検査科 検査のご紹介

血液検査 尿・便の検査 輸血検査 血管・脳・神経検査
組織細胞検査 微生物検査 心臓の検査 肺の検査

組織細胞検査とは?

組織細胞検査は、病理検査という部門が行っています。
一般的には病院の中でも、あまりなじみのない部門ですが、漢字が意味するとおり、「病」(やまい、病気)の「理」(ことわり、理屈)、つまりなぜ病気になるか、どんな病気になるか、どんな病気なのかを、身体中全ての領域にわたって見つけだすのが病理の役割です。
病理検査部門では、「病理組織診」、「細胞診」、さらに治療、看護もかなわずに亡くなられた患者様の「病理解剖」もさせていただいております。

病理組織診とは?

主に内視鏡や、手術等で摘出された組織を、顕微鏡で詳しく調べる。この「組織を顕微鏡で、詳しく調べる」というのが、病理組織診です。
胃カメラや手術で採取された組織を薄く切り、プレパラートを作成し、染色等を施します。それを顕微鏡で観察し、胃カメラでの組織であれば、胃潰瘍や胃炎の程度、さらには癌などの異常な細胞がないかなどを調べ、診断をしています。
手術で採取された組織であれば、切り取られた部分の詳細な評価などをしています。
この病理組織診断によって治療法が決められることも多く、慎重な診断が必要とされています。

細胞診とは?

子宮癌検診を受けられた女性の方は、多少耳にされた経験がおありでしょうか?子宮頚部から綿棒で細胞をこすりとり、スライドガラスに塗ります。それを染色し、顕微鏡で観察して、癌などの異常細胞の有無を調べます。
他には痰、尿などの自然に排泄されたものを、同じように顕微鏡で観察します。また時には乳腺や甲状腺などから、細い針を使い細胞を吸い取って検査することもあります。
このように、「こすり取る、または自然に排泄された細胞を、顕微鏡で調べる」というのが、細胞診です。