トップページ > 診療科・専門外来 > 臨床検査科

診療科・専門外来のご案内

臨床検査科 検査のご紹介

血液検査 尿・便の検査 輸血検査 血管・脳・神経検査
組織細胞検査 微生物検査 心臓の検査 肺の検査

肺の検査とは?

肺は、空気中の酸素を血液中に取り入れ、血液中の二酸化炭素を体外へ排出します。そのためには、十分に換気をすることができる肺活量や、肺の適度なやわらかさ、良好なガス交換などが正常に機能する必要があります。
これらの肺機能は様々な病態で悪化し、呼吸困難や息切れといった症状として現れます。この肺の検査では、そういったことを調べています。
検査科では、肺活量検査、フローボリューム検査という検査をしていただきます。
これらの検査結果は、検査を受けられる方の努力によって大きく左右されます。私たち臨床検査技師は、検査を受けられる方の肺の機能を正確に導き出すため、検査に応じた呼吸方法を、わかりやすく掛け声をかけて検査させていただきます。

肺活量検査とは?

肺活量の検査は、肺から出入りする空気の量を測って、肺の大きさを調べます。息を吸ったり吐いたりすることで、肺の容積、気道の閉塞や換気障害などを調べることができます。

※ 検査を受けていただくにあたり
  • マウスピースをくわえ、鼻をつまんで検査を受けていただきます。
  • こちらの掛け声に合わせた呼吸をしていただき、検査を受けていただきます。
  • 年齢、性別、身長、体重により予測肺活量が算出され、その値と比較をすることにより、正常なのか、あるいは減少しているのかを評価するものです。

フローボリューム検査とは?

まず安静な呼吸をしていただき、こちらの掛け声に合わせ、胸いっぱいに息を吸い込んでいただきます。そして「吐いて!」の合図で、一気に息を吐き、最後まで力いっぱい吐き続けていただくことにより、どれだけ短時間に、勢いよく息を吐き出せるかという評価をする検査です。

※ 検査を受けていただくにあたり
  • マウスピースをくわえ、鼻をつまんで検査を受けていただきます。
  • こちらの掛け声に合わせた呼吸をしていただき、検査を受けていただきます。
  • 年齢、性別、身長、体重により予測肺活量が算出され、その値と比較をすることにより、正常なのか、あるいは減少しているのかを評価するものです。
  • めいっぱい吸い込んだ息を、一秒間に何%吐き出せるかで肺機能を調べています。