トップページ > 診療科・専門外来 > 臨床検査科

診療科・専門外来のご案内

臨床検査科 検査のご紹介

血液検査 尿・便の検査 輸血検査 血管・脳・神経検査
組織細胞検査 微生物検査 心臓の検査 肺の検査

尿検査とは?

尿定性検査

尿中に排泄された蛋白やブドウ糖をはじめ、さまざまな成分を定性または半定量的に測定できるため、腎・泌尿器疾患のスクリーニング検査として用いられています。当院では、色調・混濁・pH・比重・蛋白・ブドウ糖・ケトン体・ウロビリノーゲン・ビリルビン・潜血・白血球・亜硝酸塩・クレアチニン・アルブミンを分析装置で測定しています。

尿沈渣

尿中の成分を確認することで、腎・尿路系に病変があるかどうか、また、すでに確認された腎・尿路系の病変に対する治療の効果などの情報が得られます。当院では、赤血球・白血球の血球成分や上皮細胞の種類、細菌や結晶の有無等を分析装置や顕微鏡で検査しています。

便検査とは?

便潜血

大腸がんを早期に発見できる重要なスクリーニング検査です。

寄生虫検査

寄生虫卵の有無を顕微鏡で検査します。

その他の一般検査…

尿中ホルモン検査(妊娠反応)、髄液、精液、関節液、腹水、胸水などの検査も実施しています。