トップページ > 診療科・専門外来 > 救急医療センター

診療科・専門外来のご案内

救急医療センター

お願い

 救急医療センターは、あくまでも救急疾患の患者様を診療することが目的です。数日前より同じ症状が続いている患者様は、平日8:30~11:30で、専門外来を受診くださいますようお願いいたします。
救急医療センターでは救急車搬送のみならず重篤な患者様を最優先で診察・治療しています。状況により待ち時間がかかることや順番の入れ代わり等が発生する場合がございますのでご了承ください。
 また救急医療センターからのお薬処方は原則として必要最小限とさせていただきます。
 診断書の発行などにつきましては、後日専門科を再度受診後となります。
 救急医療センターの診察は当番制となっております。必ずしも受診されたい診療科の専門医が常駐し、対応しているわけではありませんので御了承下さい。 ついては、なるべく早く専門科の診察を受けていただけることをお勧めします。また、症状が改善しない若しくは悪化した場合は、再受診されますようお願いします。
 受診される際には、健康保険証等の他に、お薬手帳など現在の治療内容が把握できるものをお持ちいただくようお願いいたします。

1.基本方針

岐阜医療圏南部地域の中核病院として求められる二次救急を担うことにより、市民の付託に応える救急医療センターを目指す。

目 標

1)院内救急体制の確立

1. スタッフの質的向上(研修医教育・BLS,ACLS,JPTEC,CTAS,JATEC)
2. 環境整備(スタッフ数、機材、書籍、マニュアル化、電子カルテ)
3. 応援体制(医師間の連携、病棟との連携、院内エマージェンシーコール)
4. 問題点の整理と早期解決(病院上層部、各部署、委員会との折衝)

2)地域救急体制の整備、二次救急への特化

1. 地域医師会との連携 一次救急との縮小(患者教育、誘導の強化)
2. 高度救急救命センターとの連携(大学・県・大垣 後ろ盾の強化)
3. 問題点の整理と早期解決(医師会・大学・消防との折衝)

3)災害医療への対応

1. 災害医療の理解 (院内講演会)
2. 災害医療への対策(資材の整備)

2.組織図

3.院内BLS研修

Basic Life Support(一次救命処置)

4.救急データ


▲クリックで拡大表示ができます。