トップページ > 診療科・専門外来 > 脳神経外科

診療科・専門外来のご案内

脳神経外科

診療科の特徴

脳神経外科では、脳に関係する病気や外傷全般を担当します。特に脳卒中(脳出血、脳梗塞、くも膜下出血など)の急性期治療に対して力を入れています。

対象疾患

脳神経外科が担当する主な病気
1)脳血管障害
 脳出血、くも膜下出血、脳動脈瘤、脳梗塞、頚動脈狭窄症、もやもや病、動静脈奇形、動静脈廔など
2)脳腫瘍
 脳から発生する腫瘍全般、髄膜腫、転移性脳腫瘍など
3)頭部外傷
 脳挫傷、急性硬膜下血腫、急性硬膜外血腫などの重傷頭部外傷、慢性硬膜下血腫や脳震盪、頭部打撲など
4)水頭症
 正常圧水頭症や閉塞性水頭症など

診療科のPR

脳卒中、頭部外傷などの救急を要する疾患に対して、24時間専門医が対応できる体制をとっております。薬物治療、リハビリテーションのほか、患者さんの状態に応じて手術治療を行います。手術治療は、頭を切らない手術(カテーテル治療)を行っております。例えば脳動脈瘤破裂によるくも膜下出血の患者さんでは、カテーテルを使用したコイル塞栓術を急性期の治療方法として取り入れております。当院には脳卒中学会の専門医と脳神経血管内治療学会の専門医が常勤しており、患者さんの状態や疾患の部位・形などにより、最適な治療方法を選択しています。

認定施設

当科は、
1、日本脳神経外科学会専門医訓練施設
2、日本脳卒中学会認定研修教育病院
として認定されています。

本院で脳神経外科治療を受けた患者さんへのお願い

 現在、当院では、「日本脳神経外科学会データベース研究事業(Japan Neurosurgical Database:JND)」に協力しています。2018年1月から当院脳神経外科に入院された患者さんの臨床データを解析させて頂き、脳神経外科医療の質の評価に役立てることを目的としています。
 解析にあたって提供するデータは、提供前に個人を特定できない形に加工した上で提供しますので、患者さんの個人のプライバシーは完全に保護されます。
 本研究の解析に自分のデータを使用されることを拒否される方は、当事業実施責任者の今尾医師にその旨お申し出下さいますようお願い致します。
 その他研究事業についての資料の閲覧を希望される方は、研究班ホームページ(http://jns.umin.ac.jp)をご参照下さい。

手術件数

過去10年間の具体的な手術内訳は下記のとおりです。

  H20年 H21年 H22年 H23年 H24年 H25年 H26年 H27年 H28年 H29年
脳動脈瘤クリッピング術 8 4 6 3 5 2 1 0 0
脳腫瘍摘出術 2 3 2 2 0 0 0 0 1
頭蓋内血腫除去術 8 8 3 7 1 4 3 2 0
頭蓋内-外バイパス手術 0 3 0 0 0 0 0 0 0
脳室-腹腔短絡術 8 3 4 3 1 2 2 0 3
慢性硬膜下血腫手術 19 24 18 21 24 28 25 30 12 21
脳血管内治療 15 6 6 0 2 2 9 10 13 12
その他 7 8 9 3 4 1 6 6 9
合計 67 59 48 39 37 39 46 48 38 43

スタッフ

今尾 幸則
今尾 幸則

部 長

卒業年

昭和55年

認定医・専門医等

日本脳神経外科学会専門医、日本脳卒中学会専門医

所属学会

日本脳神経外科学会、日本脳神経外科コングレス、日本脳卒中学会、日本脳卒中の外科学会、日本神経救急学会、日本認知症学会、日本脳神経外科認知症学会

watarai.jpg
渡曾 祐隆

部 長

卒業年

平成13年

認定医・専門医等

日本脳神経外科学会専門医、日本脳神経血管内治療学会専門医

所属学会

日本脳神経外科学会、日本脳神経外科コングレス、日本脳神経血管内治療学会、日本脳卒中学会          

主な職歴

岐阜市民病院脳神経外科
岐阜大学脳神経外科
岐阜県立下呂温泉病院脳神経外科
朝日大学歯学部附属村上記念病院脳神経外科

ccmo004_r2_c2.gif