トップページ > 診療科・専門外来 > 放射線室 > 検査装置のご紹介

診療科・専門外来のご案内

放射線室 検査装置のご紹介

ESWL

体外衝撃波結石破砕治療(ESWL)とは
体外で発生させた衝撃波を集束させて、腎臓や尿管にある結石に当てて砂状に破砕する方法です。
その際、衝撃波の焦点と結石の位置を合わせるためにX線を使用します。そして砂状になった結石は、尿の流れとともに体外へ自然に排泄されます。開腹手術と異なり、体への負担が少なくすみます。
なお、当院に導入されている装置の場合、麻酔が不要で、鎮痛剤(座薬)のみで治療可能です。
また、ほとんどの患者様は入院の必要もなく、日帰りの治療となります。
治療時間など
1回30~60分程度で、結石の場所により、仰向けまたはうつ伏せで行います。
もし排泄出来る大きさまで細かく砕けなかった場合には、後日改めて治療を行います。
EDAP TECHNOMED
Sonolish Vision
痛みが強い場合には
衝撃波を弱めて治療を行います。