トップページ > 診療科・専門外来 > 放射線室 > 検査装置のご紹介

診療科・専門外来のご案内

放射線室 検査装置のご紹介

X線TV

X線TVとは
X線を照射し人体を透視しながら検査を行うことで、様々な種類の検査に利用されています。
X線TVを使用した検査の一例
上部消化管検査(胃・食道)
消化器科系検査(ERCP・PTCD等)
整形外科系検査(脊椎腔造影(ミエログラフィ)・神経根ブロック等)
下部消化管検査(大腸)
泌尿器科系検査(逆行性腎盂造影・尿管ステント留置等)
全脊椎撮影
島津 Sonial Vision SafireⅡ
(2009年3月導入)
腹部全体が入るくらい広い視野の平面検出器(FPD)を備え、頚椎から尾骨までの全脊椎像や、足の付け根からつま先までの下肢全長撮影、任意の深さで再構成出来るデジタル断層機能(トモシンセシス)が可能です。



東芝 Ultimax
平面検出器(FPD)を備え、歪みのない高画質な、透視像を得られます。Cアームを備えており、患者様に動いていただくことなく、頚椎の正面像と側面像など、あらゆる方向からの観察・撮影が可能です。