平成27年度 羽島市民 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 276 144 67 152 243 256 634 975 988 306
当院は地域の中核病院として、地域に密着した医療を提供しています。
地域の医師会の皆様とも情報を共有しており、診療所の医師が在宅で診ている患者さんが急変した際にもすばやく入院を受け入れていることから、60歳以上の患者さんの割合が多いです。
また、この地域の救急医療を担っていることから、幅広い年齢層の患者さんに対して、24時間の救急対応を受け入れていることも特徴です。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
総合内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 21 33.00 21.69 9.52 83.90
180010x0xxx0xx 敗血症(1歳以上) 手術・処置等2なし - - 18.99 - -
040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上) 手術なし 手術・処置等2なし - - 14.34 - -
総合内科では、呼吸器、消化器、循環器等の専門領域以外の疾患やリウマチ、膠原病、一般内科を中心とした医療を担当しております。従いまして誤嚥性肺炎や、尿路感染症などの疾患が入院の主因となっております。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040080x1xxx0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳未満) 手術・処置等2なし 110 6.59 5.72 0.91 5.37
040100xxxxx00x 喘息 手術・処置等2なし 副傷病なし 44 9.02 6.31 0 6.36
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 手術なし 42 5.33 5.53 0 3.74
小児科では肺炎 、喘息、扁桃炎、急性咽頭喉頭炎といった呼吸器疾患の症例が非常に多くなっています。特に咽頭喉頭炎では4歳未満となっており緊急入院が多い傾向にあります。喘息では年長児の入院が多くみられる傾向にあります。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060150xx99xx0x 虫垂炎 手術なし 副傷病なし 34 8.94 6.72 0 34.76
060150xx03xx0x 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等 副傷病なし 32 6.97 5.56 0 36.88
060330xx02xxxx 胆嚢疾患(胆嚢結石など) 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 24 7.58 6.96 0 54.63
外科DPC患者数では、虫垂炎と胆嚢疾患の患者数が上位に上がります。 虫垂周囲膿瘍を伴う虫垂炎や穿孔した虫垂炎は、1~2週間程度の抗菌薬治療と絶食・輸液管理で炎症急性期を乗り切り、約2カ月後に腹腔鏡下虫垂切除術を行う「interval appendectomy」を行っていますので、平均在院日数が8.94日となっています。 虫垂周囲膿瘍を伴わない虫垂炎は、虫垂切除術を行う場合が多いです。平均在院日数は6.97日となっています。胆嚢疾患は基本的に腹腔鏡下胆嚢摘出を行います。平均在院期間は7.58日です。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 65 33.88 28.70 43.08 81.32
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 副傷病なし 62 27.32 21.52 12.90 79.05
160980xx99x0xx 骨盤損傷 手術なし 手術・処置等2なし 14 22.93 21.26 7.14 82.00
整形外科入院患者様の年齢分布は、少子高齢化を反映して高齢者が多くなっています。平均年齢は80歳前後になっています。入院される患者様は、生活動作中のつまずきなどで転倒に至り、骨折を生じています。骨折は、高齢による骨粗鬆症が背景にあるために骨脆弱性骨折で、大腿骨頸部骨折、脊椎椎体骨折などです
大腿骨頸部骨折が生じた場合には、患者様は床上生活を強いられます。一方で、高齢者は、床上生活で床ずれ、誤嚥性肺炎などを起こしやすくなります。このため、高齢者であっても、早期離床を目指して手術が行われることが多くなります。当院の整形外科でも大腿骨近位骨折に対する外科的治療が最も多く行われています。術後は多くの患者様が継続的なリハビリが必要になります。当院では半数弱の方がリハビリを継続できる病院に転院されています。脊椎椎体骨折で入院された場合は、多くの患者様は、手術を受けず保存的な治療を受けておられます。理由は、骨粗症性椎体骨折はコルセットなどの使用で比較的早期に疼痛が緩和し、離床が可能になるためです。この場合も、自宅生活への復帰にはリハビリが必要です。しかし、保存的治療の場合は転院が困難であることが多いようです。このような患者様には、当院では地域包括ケア病棟を利用していただいています。結果、転院率は低い率になっています。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x099030x 脳梗塞(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等23あり 副傷病なし 32 26.50 18.08 6.25 71.81
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 28 15.00 10.02 3.57 76.43
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 19 8.47 7.52 5.26 52.11
脳神経外科では虚血性脳卒中である脳梗塞の入院例が最も多くなっています。
脳梗塞では発症から4、5時間未満の超急性期受診例に対しては積極的に血栓溶解剤(t-PA)による治療を行っています。血栓溶解剤の適応にならなかった患者さんには脳保護剤と抗血小板剤または抗凝固剤を併用した治療を行っています。
脳梗塞の次に多いのが頭部外傷であり、重篤な症例では開頭血腫除去術が行われます。
慢性硬膜下血腫に対しては局所麻酔による穿頭血血腫洗浄術が行われます。
その他の外傷性くも膜下血腫や脳挫傷では大部分が保存的に治療されています。
耳鼻いんこう科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 16 4.50 5.31 0 60.88
030150xx97xxxx 耳・鼻・口腔・咽頭・大唾液腺の腫瘍 手術あり - - 7.94 - -
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎 - - 7.76 - -
平成27年度、耳鼻いんこう科は外来診察のみの期間が4か月間あり、DPC患者数の上位に前庭機能障害がきました。しかし現在では、定期的に手術治療を行っており、手術患者さんの入院が主となっております。扁桃摘出術、慢性副鼻腔炎手術、鼓膜形成術、鼓室形成術、声帯手術、耳下腺腫瘍手術、顎下腺腫瘍手術などを行っております。
神経内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x099030x 脳梗塞(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等23あり 副傷病なし 27 30.85 18.08 11.11 76.41
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 15 49.13 21.69 13.33 85.20
010170xx99x00x 基底核等の変性疾患 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし - - 15.23 - -
神経内科では、脳梗塞および神経変性疾患(神経難病)の診療を2本柱としています。手術療法や超急性期血栓溶解療法(tPA)適応のない脳梗塞急性期治療は脳神経外科と分担しており、また、入院治療を原則としているため最も疾患数が多くなります。ほとんどの症例でエダラボン投与およびリハビリテーション療法を施行しておりますが、1割程度の症例は長期リハビリテーション療法が必要となるため、他院回復期リハビリテーション病床等へ転院しています。
神経変性疾患は進行期になると誤嚥性肺炎を合併し易くなり入院治療が必要となるため次に患者数が多く、また、難治性となると摂食機能療法に時間を要することが多いため在院日数が長くなる傾向がみられます。さらに、パーキンソン症候群等の神経変性疾患の患者さんについては、家族介護負担軽減のため平均10日間程度のレスパイト入院の受け入れも行っています。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110310xx99xxxx 腎臓または尿路の感染症 手術なし 35 14.06 12.60 2.86 68.66
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 18 12.39 7.59 0 74.33
11022xxx99xxxx 男性生殖器疾患 手術なし 14 8.14 8.55 0 65.71
泌尿器科では、主として高齢者の腎盂腎炎、尿管結石に伴う腎盂腎炎、尿閉に伴う前立腺炎などの感染症の患者が最多でした。次いで膀胱癌患者、経尿道的手術目的の方でした。最近では、切除標本の病理結果を参考にしてセカンドルック手術も行っています。その他、高齢独居の方の尿閉、前立腺肥大症などの入院が多くありました。
婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120060xx02xxxx 子宮の良性腫瘍 腹腔鏡下腟式子宮全摘術等 45 7.82 6.34 0 42.56
120100xx01xx0x 子宮内膜症 子宮全摘術等 副傷病なし 39 8.15 8.05 0 36.82
120070xx02xxxx 卵巣の良性腫瘍 卵巣部分切除術(腟式を含む。) 腹腔鏡によるもの等 29 8.28 6.50 0 42.93
婦人科では、特に良性婦人科腫瘍;子宮筋腫や子宮腺筋症、卵巣腫瘍、子宮内膜症に対する腹腔鏡手術に力を入れています。腹腔鏡手術は開腹手術に比べて、傷が小さいため術後の疼痛が軽く、入院期間が短いことが利点です。更には傷がほとんど残らず、非常に美容的であることもあり、腹腔鏡手術を希望して当科を受診される患者さんが増えてまいりました。当科の入院患者さんトップ3はいずれも腹腔鏡手術の患者さんです。子宮内膜症では子宮や卵巣の病巣に腸管の癒着が生じていることが珍しくないため手術の難易度が非常に高いとされています。当科では外科の先生方に手術のお手伝いをしていただけるため、腸管癒着の高度な例でも手術が可能です。
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx99130x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等11あり 手術・処置等23あり 副傷病なし 72 3.03 5.95 0 68.69
040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上) 手術なし 手術・処置等2なし 69 19.86 14.34 4.35 78.43
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等11あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 46 3.00 3.07 0 67.22
循環器内科の症例中、1位と3位は、いずれも心臓カテーテル検査目的の入院です。心臓カテーテル検査以外にも、心臓の状態を調べるため、いくつか検査を合わせて行うのですが、1位の入院では、アイソトープを用いた心筋虚血や心機能を調べる心筋シンチグラムを志向した症例で、3位は主に心臓超音波検査を用いて心臓の動きを調べた症例です。これらの症例の中には、冠動脈に異常を認めた場合、引き続き冠動脈治療(冠動脈形成術・冠動脈内ステント留置術)を施行する場合もあります。2位は、循環器内科に入院し、肺炎の治療を行った症例です。
腎臓内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110280xx99010x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等21あり 副傷病なし 12 25.42 15.39 0 71.58
110310xx99xxxx 腎臓または尿路の感染症 手術なし - - 12.60 - -
110280xx99011x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等21あり 副傷病あり - - 25.91 - -
腎臓内科で最も多い症例は慢性腎不全で、新規透析導入、教育入院を含みます。在院日数は長めですが、高齢者が多く状態の改善や退院調整に時間を要するためだと思われます。
透析導入症例について、多くは近隣の透析施設を紹介していますが、原疾患が特殊な症例の場合、当院外来で維持透析を継続しています。
内分泌・糖尿病内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上) 手術なし 手術・処置等2なし 42 22.88 14.34 2.38 78.62
100070xxxxxxxx 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。) 38 17.61 15.35 2.63 63.11
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 11 42.36 21.69 0 88.91
内分泌・糖尿病内科の症例で最も多いのは肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎での入院です。糖尿病患者さんは肺炎などの感染症になりやすい上に、患者さんの高齢化も一因になっていると思われます。
症例数が2番目に多いのは糖尿病のコントロール目的の入院や、教育入院や、合併症検査の入院です。血糖コントロールが悪いと手術時に合併症が起きやすくなるため、手術前に入院して、血糖をよくする場合もあります。
消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上) 手術なし 手術・処置等2なし 60 20.67 14.34 3.33 76.70
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 52 30.94 21.69 5.77 85.81
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2なし 副傷病なし 46 17.39 10.93 4.35 77.76
消化器内科では総胆管結石、胆管炎に対して内視鏡的胆道結石除去術、内視鏡的経鼻胆管ドレナージ術等を施行した症例が上位に上がります。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 26 11 - 59 - 18 1 6,7
大腸癌 10 19 24 36 - 16 1 6,7
乳癌 - - - - - 13 1 7
肺癌 - - - - - 20 1 6,7
肝癌 - - - - - 21 1 6,7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
平成27年度に入院加療された患者さんのうち、5大がんと呼ばれる胃癌、大腸癌、乳癌、肺癌、肝癌について、初発患者の病期分類別による患者数と再発患者の患者数をそれぞれ集計しました。
胃癌、大腸癌は内視鏡を中心に診断・治療を行っております。必要に応じNBI・拡大内視鏡を用いた内視鏡観察を行い、早期癌を見つけられるように取り組んでおります。早期癌に対して内視鏡的治療を行っております。胃癌で入院された患者さんは年間126人、大腸癌で入院された患者さんは年間111人です。
肝癌は、ラジオ波焼灼療法、肝動脈塞栓療法、動注リザーバー療法などを導入し治療しております。肝癌で入院された患者さんは年間44人です。
乳癌は、手術、化学療法、緩和治療のため入院される方で年間26人です。外来診察で画像診断、組織診断を行い、その後入院治療を行います。乳癌の広がり、組織型、進行度等で、個別に治療方法をご相談しています。
肺癌は、手術放射線適応症例は通院などの便も考えまして、周辺病院等と協力して治療を行っております。化学療法、緩和治療のため入院される患者さんは年間33人です。また、外来化学療法も全身状態良好な方を対象に行っております。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
重症度 0 21 13.43 56.33
重症度 1 66 24.00 79.27
重症度 2 63 22.65 81.05
重症度 3 32 32.19 82.69
重症度 4 - - -
重症度 5 - - -
不明 - - -
重症肺炎(重症度3以上)で入院される方の比率は20%弱です。肺炎で入院される患者さんは、外来での治療が成功しなかった患者さんや、水分などがほとんど摂取できず頻回の点滴が必要な状態である事が多く、平均年齢は80歳前後と高くなっています。
重症な患者さんは、治療が奏効しても、その後のリハビリなどに長い時間が必要となる場合が多く見られます。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I63$ 脳梗塞 3日以内 122 34.13 76.18 11.72
その他 - - - -
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 - - - -
その他 - - - -
当院で入院加療された脳梗塞の患者さんについて、ICD-10(国際疾病統計分類)に基づき、病型別に集計しました。当院では、大半が脳梗塞(I63$)に分類され、特に発症3日以内の急性期脳梗塞が全体の約85%を占めており、主に脳神経外科、神経内科にて治療しています。急性期脳梗塞の患者さんの平均年齢は約76歳です。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 ヘルニア手術 鼠径ヘルニア 66 1.82 4.14 0 66.39
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 48 2.08 5.88 0 57.31
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの 19 0.95 4.95 0 40.26
外科DPC手術数では、鼠径ヘルニア手術、腹腔鏡下胆嚢摘出術、腹腔鏡下虫垂切除術が上位となります。平均術後日数は鼠径ヘルニア手術が4.14日、腹腔鏡下胆嚢摘出術が5.88日、腹腔鏡下虫垂切除術が4.95日となります。在院日数は全体として平均的です。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術 肩甲骨、上腕、大腿 61 2.74 30.28 34.43 78.18
K0811 人工骨頭挿入術 肩、股 16 5.38 25.63 50.00 80.88
K1426 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。) 椎弓形成 15 2.40 13.87 6.67 74.27
整形外科の手術で最も頻度が高いものは、大腿骨頸部骨折です。骨折型により、骨折観血的手術が行われる場合と人工骨頭挿入術が行われる場合があります。平均術前日数から理解していただけるように、我々は、待機時間をできるだけ少なくする努力をしています。早期に手術をすることで臥床期間が短くなり、早期離床が実現されます。
整形外科の特徴として、脊椎外科が多く行われています。脊椎変性疾患に対して頸椎、胸椎、腰椎を問わず手術が行われています。手術はほとんどが予定手術です。我々は、顕微鏡や内視鏡、透視手術台などを使用して手術侵襲を減らす工夫を取り入れています。そのため、手術を受けられる患者様の年齢は上昇傾向ですが、平均術後日数から理解していただけるように、患者様は術後早期に退院されています。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫洗浄・除去術(穿頭) 25 0.52 14.12 0 79.24
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) - - - - -
K1781 脳血管内手術 1箇所 - - - - -
脳神経外科で最も多い手術は慢性硬膜下血腫に対する穿頭血腫吸引洗浄術です。歩行障害や頭痛などが徐々に進行憎悪して発見される高齢者に多い疾患です。通常は1か月から数か月前に発生要因となる頭部外傷がありますが、原因がはっきりしないこともあります。
手術は局所麻酔で行いますので超高齢の患者さんや合併症のある患者さんでも手術できます。術後はクリニカルパスに従って入院治療を行い、通常は1週間の入院期間となります。
ただし非常に再発しやすい疾患ですので完治したと判断されるまでは定期的に外来通院が必要です。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術 眼内レンズを挿入する場合 その他のもの 63 0 1.10 0 73.62
K2822 水晶体再建術 眼内レンズを挿入しない場合 - - - - -
K270 虹彩光凝固術 - - - - -
眼科では、白内障に対する手術である水晶体再建術が多く施行されています。1泊2日のため、入院期間が短いのが特徴です。緑内障のレーザー手術である虹彩光凝固術は外来で主に行われています。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036ロ 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 その他のもの 19 4.16 7.63 0 73.79
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 14 1.00 6.29 0 69.64
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 13 0.77 1.08 0 65.92
泌尿器科で最も多い手術は膀胱悪性腫瘍手術、経尿道的手術です。尿道から内視鏡を挿入して膀胱腫瘍を切除します。早期膀胱癌に対する標準的な術式です。
経尿道的尿管ステント留置術とは、腎臓と膀胱をつなぐ管である尿管が腫瘍や結石などにより狭くなった状態を改善するための治療です。シリコンゴム管のバイパスを腎臓と膀胱の間に留置します。
経皮的シャント拡張術・血栓除去術とは、透析患者のシャント(動脈と静脈をつなぎあわせたもの)が閉塞したり、狭窄した際に、特殊なカテーテルを用いて血管内の血栓を除去したり、狭窄部を拡張したりする手術です。
婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側) 腹腔鏡によるもの 61 1.00 6.23 0 39.67
K877-2 腹腔鏡下腟式子宮全摘術 43 1.00 5.84 0 44.47
K861 子宮内膜掻爬術 18 0 0.89 0 49.17
「子宮付属器摘出術 腹腔鏡によるもの」は良性卵巣腫瘍と卵巣子宮内膜症嚢胞に対する腹腔鏡手術で、患側卵巣と卵管を同時に摘出する術式と卵巣腫瘍(もしくは卵巣内膜症嚢胞)のみ摘出し正常卵巣部分を残す術式が含まれます。若年の患者さんも、特に妊娠をご希望の場合には卵巣を温存する術式を選択します。症例の約2/3は子宮内膜症で、30歳前後に好発し不妊症の原因となるため、卵巣を残すことはもちろんのこと、卵巣機能に悪影響を及ぼさない手術を行うことが術後の妊娠にとって極めて重要です。また、内膜症は40歳以降には悪性化するリスクがあるため、妊娠をご希望されない40歳以降の患者さんに対しては、患側卵巣を摘出する術式を選択します。
不正出血や月経不順で外来を受診された患者さんにはまず子宮頸がんと子宮体がんの検診(細胞診)を行います。子宮体がん細胞診で子宮内膜増殖症や子宮体がんの疑いがある場合には、精密検査として子宮内膜掻爬術を行います。子宮内膜掻爬術は小さなスプーン上の器具で子宮内腔を擦ることにより子宮内膜組織を採取する方法で、静脈麻酔下に行います。検査は10分ほどで終わりますが、処置後にも眠気が残るため、1泊していただいています。採取した組織は顕微鏡で精査して(組織検査)、最終的な診断をします。
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術 その他のもの 41 2.15 1.22 0 70.56
K5463 経皮的冠動脈形成術 その他のもの 10 2.40 3.20 0 67.40
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術 急性心筋梗塞に対するもの 10 0 12.80 0 60.20
循環器内科に入院し、手術を行う症例には、大きく分けて、①冠動脈血管内治療を行う症例 ②末梢血管に対し血管内治療を行う症例 ③体内式ペースメーカー植え込み・電池(ジェネレーター)交換を行う症例があります。
このうち、上位3位までは、いずれも冠動脈血管内治療を行った症例です。1位は、血管内治療を行った症例で、2位と3位は、急性心筋梗塞に対し、緊急で冠動脈血管内治療を行った症例です。急性心筋梗塞で入院しましたが、発症から時間がたってから入院した症例や、来院してから治療までに時間のかかった症例が2位となり、入院後直ちに治療を行った症例が3位となります。
消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K654 内視鏡的消化管止血術 27 2.89 20.67 3.70 66.48
K682-3 内視鏡的経鼻胆管ドレナージ術(ENBD) 23 2.22 11.96 0 77.17
K6871 内視鏡的乳頭切開術 乳頭括約筋切開のみのもの 23 1.83 18.70 4.35 74.30
消化器内科で最も多い手術は胃潰瘍等の消化管出血症例に対する内視鏡的消化管止血術です。次いで総胆管結石、胆管炎に対する内視鏡的経鼻胆管ドレナージ術(ENBD)、内視鏡的乳頭切開術です。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 14 0.35
異なる 15 0.37
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 15 0.37
異なる - -
外科での入院契機が異なる播種性血管内凝固の発生は、術後重症合併症を発症したか、がんの終末期で播種性血管内凝固を発症した患者様です。発生率は0.22%で、平均的と思われます。
外科での入院契機が異なる敗血症も同様で、術後重症合併症を発症したか、がんの終末期で敗血症を発症した患者様です。発生率は0.37%でやや高めです。手術患者様の平均年齢が高齢であることと、がんの終末期医療もおこなっているためかと思います。外科での入院契機が異なる真菌症は、敗血症治療などで長期の抗生剤治療を行わざるを得なかった患者様が、最終的に真菌症を発症するケースが多いと思います。
発症率は0.12%です。手術・術後の合併症はほとんどがDPC病名と入院契機が同一な症例です。創部感染、術後癒着性腸閉塞、誤嚥性肺炎等です。発生率は0.37%です。
更新履歴
2016/9/30
病院指標データの公開 初版