トップページ > 病院からのお知らせバックナンバー > 新型コロナウイルス感染に対するリハビリテーション科の対応について

病院からのお知らせバックナンバー

新型コロナウイルス感染に対するリハビリテーション科の対応について

更新日:2020年04月23日

・感染予防の観点より、全てのスタッフは出勤前に体温測定、症状の有無を確認するとともに、マスクを常時着用、手洗い及び手指のアルコール消毒の徹底に努めています。

・リハビリテーション科(以下、リハビリ科)スタッフの体温測定・症状確認後、症状がない場合は、責任者を通じて感染管理室へ検温表を提出します。症状がある場合は責任者を通じて感染管理室へ報告し、指示を得ることになっています。

・リハビリ室の窓を開けての十分な換気と、各患者さんのリハビリテーション(以下、リハビリ)終了毎にベッド・使用器具等の環境消毒を行なっています。また、12:30よりリハビリテーション科スタッフ全員で、手すり・ドアノブ・パソコンキーボードなどリハビリ室全ての環境消毒を行っています。

 

1.外来リハビリ

・外来リハビリは午前のみ実施しています。今後、制限を設ける場合には案内いたします。

・各科外来診察での体温測定と症状確認、またはリハビリ室での確認を行い、息苦しさ、強いだるさ、高熱等のいずれかの症状、発熱や咳など比較的軽い風邪症状が持続している方のリハビリは中止させていただきます。来院前に体温測定をして、そのような症状がある場合のご来院はご遠慮ください。

・来院時は、マスク着用(各自でご用意ください)、受付にあるアルコール手指消毒をしてください。

・リハビリ室内の待合室の定員制限、座席間隔の確保へのご協力をお願いします。

 

2.入院リハビリ

・無症状な感染者も来院している可能性が懸念されるため、外来診療のある午前中のリハ室でのリハビリは控え、午後からの時間で行います。午前中の外来リハビリ終了後は、リハビリスタッフで、ベッド・使用器具等のリハビリ室全ての環境消毒を行なっております。

・リハビリ室でのリハビリ終了後は備え付けの手指消毒剤で手指を消毒してから病棟にお帰り下さい。

・咳のある患者に対する配慮・・・多くの無症状患者でも、感染経路不明な感染者である可能性が懸念されるため、新型コロナウイルス感染症の疑いでない患者さんにおいても咳がある、肺炎があるような患者は、病棟でのリハビリを行います。咳を伴うリハビリを行う場合には、担当者はマスク、手袋に加え、袖までのエプロン、アイシールドを着用させていただきます。

・入院患者さんへの面会は禁止とさせていただきます。

 

ご協力をお願いします。

羽島市民病院リハビリテーション科

サイト内検索

婦人科
看護部
お問い合わせ

TEL:058-393-0111 FAX:058-393-0821 MAIL:byoin-somu@city.hashima.lg.jp

交通・アクセス


拡大地図はこちら

〒501-6206
岐阜県羽島市新生町3丁目246番地